病院の紹介

施設基準

施設基準

診療報酬算定の中心となる入院基本料のほか、一定の要件を満たした場合の届出により診療報酬を高く算定可能となるものを指します。これにより医療機関の設備や人員のほか、提供可能なサービス等を判断するに指標になります。

本院では、以下の施設基準について適合、届出をしています。

施設基準一覧

1.基本診療料

  • 一般病棟入院基本料(急性期一般入院料2)
  • 救急医療管理加算1、2
  • 超急性期脳卒中加算
  • 診療録管理体制加算2
  • 医師事務作業補助体制加算1 75対1
  • 急性期看護補助体制加算 25対1(5割未満)
  • 看護補助体制充実加算
  • 療養環境加算
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 栄養サポートチーム加算
  • 医療安全対策加算1
  • 感染対策向上加算2
  • 患者サポート体制充実加算
  • ハイリスク妊娠管理加算
  • 後発医薬品使用体制加算1
  • データ提出加算1(許可病床数200床以上)
  • 入退院支援加算1
  • 認知症ケア加算2
  • せん妄ハイリスク患者ケア加算
  • 協力対象施設入所者入院加算
  • 看護職員処遇改善評価料
  • ハイケアユニット入院医療管理料1
  • 地域包括ケア病棟入院料2
  • 入院時食事療養費(Ⅰ)
  • 在宅療養後方支援病院

2.基本診療料

  • 心臓ペースメーカー指導管理料 注2に規定する遠隔モニタリング加算
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • がん患者指導管理料イ、ロ
  • 乳腺炎重症化予防ケア・指導料
  • 婦人科特定疾患治療管理料
  • 地域連携夜間・休日診療料
  • 院内トリアージ実施料
  • 夜間休日救急搬送医学管理料 注3に規定する救急搬送看護体制加算1
  • 外来腫瘍化学療法診療料1
  • ニコチン依存症管理料
  • 開放型病院共同指導料(Ⅱ)
  • ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • 在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料(注3に規定する悪性腫瘍の患者に対する緩和ケア、褥瘡ケア又は人工肛門ケア及び人工膀胱ケアに係る専門の研修を受けた看護師による場合)
  • 在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料の注2に掲げる遠隔モニタリング加算
  • 遺伝学的検査
  • BRCA1/2遺伝子検査
  • HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
  • 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • 心臓カテーテル法による諸検査 注6に規定する血管内視鏡検査加算
  • ヘッドアップティルト試験
  • 長期継続頭蓋内脳波検査
  • 全視野精密網膜電図
  • ロービジョン検査判断料
  • 小児食物アレルギー負荷検査
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 抗悪性腫瘍剤処方管理加算
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 人工腎臓(導入期加算1、透析液水質確保加算、慢性維持透析濾過加算)
  • 脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む)
  • 脳刺激装置交換術
  • 脊髄刺激装置植込術
  • 緑内障手術
  • 緑内障手術(濾過法再建術(needle法))
  • ペースメーカー移植術
  • ペースメーカー交換術
  • 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
  • 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
  • 輸血管理料Ⅱ
  • 輸血適正使用加算
  • 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • 保険医療機関間の連携による病理診断
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5に掲げる手術