南相馬市立総合病院|相双地域医療圏の中核病院

在宅診療科

当院の在宅診療科は以下のような患者さんたちに対し、ご自宅を訪問し治療を行ってきました。

  • 病気に対し、根治する方法がなくなり、出てきた症状をできるだけとるような治療になった人。
  • 脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの病気で寝たきりになり、病院に行けなくなった 人。(そのほかに大腿骨骨頭骨折になった人など)

また、診察・処方をはじめ、必要に応じて採血や超音波検査も行います。注射や点滴など様々な医療処置を各訪問看護ステーションのご協力のもと行っています。4週間に1回の定期往診者に加え、患者さんの状態が急に悪化した時は必要に応じ、臨時往診も行ってきました。
メッセージ

在宅医療をご存知ですか?
定期的な医療が必要だけれど、通院は難しい。
入院よりも住み慣れた家で過ごしたい。
そんな方々のご希望に応えるのが在宅医療です。
でも、病気のまま家に帰っていいの?急に具合が悪くなった時はどうするの?
誰でも最初は不安でいっぱいです。
当院では医師が訪問し、ご自宅で医療を受けられる訪問診療を行っております。
診察、処方をはじめ、必要に応じて採血や超音波検査、注射や点滴など様々な医療処置を受けることができます。2週間に1回の定期往診に加え、24時間365日対応の医師による緊急往診体制も導入しています。
また、在宅医療には多くのスタッフが関わります。
私たちは、看護師、介護士、各種療法士、ケアマネジャー、診療所、病院との密接な連携・情報交換を行い、ご自宅で安心して過ごせるよう努めています。
あなたの「家に帰りたい」という気持ちに寄り添い、支援させていただきます。

主な対象疾患

寝たきりとなり、通院できない方 脳卒中、頸椎損傷、大腿部頚部骨折などにて寝たきり状態
進行疾患の終末期 癌終末期、認知症の終末期
老衰 寝たきり患者対象

TEL 0244-22-3181 受付時間 8:30 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 南相馬市立総合病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.